ななめドラム メンテナンスのすすめ - 準備編 -

乾燥経路の診断からメンテナンスの準備まで

洗濯乾燥機はメンテナンスが必要

「最近、乾燥時間が長くなった」 「乾燥が終わっても、洗濯物が乾いていない」など、乾燥機能で悩んでいませんか?

「長年使っているから、そろそろ買い替え時期なのかも」と諦めていませんか?

チョットしたメンテナンスで、購入当時の乾燥状態に戻る可能性があります
諦める前に、チャレンジしてみてはいかがですか?

こんな症状はメンテナンスのサインです

我が家のななめドラム VR1200も、少しづつ乾燥時間が長くなっていきました
正確に言うと、“残り時間が減らない” 症状です

例えば「残り2時間」と表示されていたので、2時間後に行くと まだ残り1時間と表示されている状態です(まだ1時間しか経っていないの?)

説明書に書かれているメンテナンスは定期的にしていたので、乾燥機能の寿命と半ば諦めていました

しかし高価な買い物だっただけに諦めきれず いろいろ調べてみると、まだ自分が出来るメンテナンスがある事に気が付きました

保証期間も過ぎているのでダメ元で試してみたら、なんと!乾燥時間・乾燥状態が購入当時と同程度に戻ったのです

ですから私が実施したメンテナンス方法を、3回に分けてお伝えしたいと思います

メンテナンス前の診断

行き当たりバッタリにメンテナンスをしても、時間と労力の無駄です
目的を明確にし、しっかりと準備をしてから作業に移ると、効率良く作業が出来ます

洗濯機の状態確認

質問 1
保証期間内ですか?

ー YES ー
購入店に相談することをおススメします

ー NO ー
次の質問に進んで下さい

質問 2の前準備
  1. 赤四角部分の乾燥フィルターを取外して下さい

  2. 赤四角部分の仕切り板を取外して下さい

  3. 赤丸部分の中を懐中電灯で照らして下さい
質問 2
ホコリなどゴミが大量に見えますか?

ー YES ー
乾燥ダクトに堆積しているホコリが原因で、乾燥機能が低下していると考えられます

今から説明するメンテナンスを実施すれば、購入当時の乾燥状態に戻る可能性があります
「メンテナンスに必要なもの」にお進み下さい

ー NO ー
熱交換器に付着しているホコリなどが原因と考えられます

しかし、熱交換器の分解メンテナンスはオススメしません
なぜなら誤って配管に亀裂ができると、一式交換(2万円前後)の可能性があるからです

購入店もしくはサービスセンターに相談することをおススメします

メンテナンスに必要なもの

用意するもの
  1. 懐中電灯

  2. 古タオル(雑巾やウエスなど)

  3. プラスドライバー

  4. ラチェットドライバー
  5. 洗濯機の後ろに隙間がない場合、ANEX ストレート型オフセットラチェットドライバー No.425があると、洗濯機を動かさずに作業ができます

  6. ピックアップツール
  7. 私は菜箸を使って作業したのですが、途中 菜箸を落としそうになりました(落ちたら故障の原因になります)

    メンテナンス終了後いろいろ探したら、手の入らない作業にぴったりのピックアップツール、SK11 LEDピックアップツール 64cm SMB-8Rを見つけたので、購入しました(使った感想などは後日報告する予定です)

  8. その他
    • 取外したパーツを置いておくスペース(仮置きスペース)

    • 取外したネジをパーツ毎に保管できるケースがあると便利です(私の場合はパーツ毎にティシュを敷いて、その上にネジを置きました…)
これで準備が整いました
実際の作業はこの後の「ななめドラム メンテナンスのすすめ - 前編 -」でお伝えします