掛け時計は自分で修理しよう - 前編 -

ムーブメントの取外しから購入まで

掛け時計のムーブメント交換は難しくない 

「お気に入りの掛け時計が動かなくなった」、「掛け時計の修理代金が購入金額より高くなるが、修理すべきだろうか?」と悩んでいませんか?

動かなくなった時計のほとんどは、ムーブメント交換で動くようになります

自分で修理する場合の費用は、電波時計用ムーブメントでも3千円以内で収まります

さらに自分で修理した物は今まで以上に愛着がわいてきて、さらに大事にしようと心がけるようになります

ただ修理にはチョットしたコツと下調べが必要なので、私の経験とその時調べた事を2回に分けて詳しくお話しします

ムーブメントの種類について

交換可能なムーブメントは電池で動くタイプでクォーツムーブメントと電波ムーブメントに分類されます

- クォーツムーブメント -
時間の狂いを手動で修正するタイプで、ステップ式とスイープ式がある
  • ステップ式:秒針が一秒ずつ止まりながら進む(コチコチ音有)

  • スイープ式:秒針が止まらずスムーズに進む(コチコチ音なし)
- 電波ムーブメント -
時間の狂いを自動で修正するタイプで、ステップ式とスイープ式がある

ムーブメントは以上の4種類に分けられます

修理する時計を詳しく調べる方法

  1. 動いていた頃を思い出して、ムーブメントのタイプを推定して下さい

  2. どのタイプに交換したいかを考えよう
  3. 交換時がチャンスです!
    寝室などは、静かなスイープ式がおススメです

  4. 時計の裏側を見てメーカー名と枠の有無を確認しよう
  5. メーカー名は見づらいかもしれませんが間違えずに記録しましょう

    枠付きの場合、ステップ式⇔スイープ式の交換は可能ですが、クォーツ時計⇔電波時計の交換になると、細工が必要になる可能性があるのでおススメ出来ません

  6. 時計からムーブメントを外そう
    • 外した部品等は無くさないように保管しておいて下さい

    • 組立てまで時間が空くので、外し方を憶えておいて下さい【写真を撮って残しておくのも一つの方法です】
    - ムーブメントの外し方 -

    1) 前面カバーを外します
    固定方法は多種多様ですが、文字盤に前面カバーを固定している部分が必ずあるので、よく探してみて下さい(私の場合、化粧ネジ4本で固定されていました)

    2) 時針、分針、秒針を外す
    針は薄いアルミ製が多いので、先の細いピンセットのようなもので針を曲げず、傷付けず慎重に取外して下さい

    3)文字盤とムーブメントを固定しているナットを外す
    文字盤を傷付けない為に、ボックスレンチの使用をおススメします

    ボックスレンチがない場合、布などで文字盤を保護して作業します
    注)ナットが付いていないタイプ【組込み式】もあります

    4) ムーブメントを外す
    枠付きは枠のツメに引掛けてあるので、ツメを割らないように、マイナスドライバーなどで交互に少しずつ引掛けを外していきます

  7. 文字盤の厚み、穴径、文字外側までの長さを測ろう
  8. 穴の中心から文字外側までの長さを測定する意味は、交換可能な針の最大寸法を知る為です

    穴径が10ミリ以下だと加工が必要になる場合があります

  9. 外したムーブメントの寸法を測ろう
  10. たての長さ、よこの長さ、シャフト長、ネジの長さ、厚みの5か所です

  11. ムーブメントの先端タイプを調べよう
  12. 色ではなく形状に注目して比較して下さい
    径寸法は0.5ミリしか変わらないので、ノギスがないと分からないレベルです

  13. 針の長さを測ろう
  14. 時針、分針、秒針のそれぞれについて、穴の中心から長い方の先端までを測定して下さい

調べた情報から適合するムーブメントを選ぶ

上記のお店は種類もそろっており、選びやすいです

ムーブメントに関する補足説明

- 交換用クォーツタイプ - 
たて・よこの長さ:約56ミリ、厚み:約16ミリがほとんどです

注)メーカーにより1、2ミリの違いはあります

- 交換用電波時計 -
たて・よこの長さ:約56ミリタイプも増えてきています

厚み:約20ミリ(振り子付タイプ:35ミリ)
シャフト長はMRC-250:11ミリ、MRC-300:16ミリ、MRC-395:23ミリです

電波時計に関しては「電波時計の修理方法」も合わせてご覧頂くと、より一層理解が深まります

ムーブメントは先端形状とシャフトの長さに重点を置き選びます 
しかし、交換用ムーブメントの多くはSKP製です

外したムーブメントにSKPの文字がなくても交換用クォーツタイプは同じサイズなので、よほど特殊なタイプ以外は交換が可能です

(私の場合も壊れたムーブメントにYOUNG TOWN QUARTSと書かれており「リズム」が適応するのですが、欲しい商品がなかったので「SKP」を購入しました)

ムーブメントに適合した針を選ぼう

ムーブメントに適した針への交換を検討して下さい

壊れたムーブメントと購入する製品が同じメーカーなら、今の針が使える可能性はあります

しかし今の針が推奨針と比較して重かったり、穴のかみ合わせが緩かったりした場合、時間に遅れが発生しますので注意して下さい

と言っている私も「針はどのムーブメントにも適合する」と思い、最初は針を購入しませんでした

しかし購入したムーブメントは壊れたものより穴径が0.5ミリほど大きかったので、針の内径に細工を試みたら、見事に針は壊れてしまいました
時計部品と工具の専門店さんの針は送料が100円だったので良かったのですが、なるべく失敗しない為にも同時購入をおススメします

また、今と同じ長さ・タイプの針はなかなか見つかりません

一番長い針が前面カバー等に当たらない範囲までで、現状に近い寸法・タイプの製品を探すと良いでしょう

また発想を転換して違うタイプを選び、自分だけのオリジナルを作るのも素晴らしい選択です

選んだムーブメントと針を注文しよう

ムーブメントと針は同じ店で注文した方が、失敗を回避でき安全です

ここまで出来れば、交換作業の80%は完了です 
なぜならムーブメント交換で一番難しいのは、壊れた時計に合うムーブメントと針を購入する事だからです

掛け時計は自分で修理しよう - 後編 -」では交換品の取付けから完成までをお伝えします